#norelated
* News [#qb249ac2]
- 2018/2/21 (水) [[Prof. Tirrell  セミナー:http://rheology.minority.jp/jp/index.php?seminer_Prof_Tirrell]]  セミナーを開催します.
- 2018/2/21 (水) [[Prof. Tirrell  セミナー:http://rheology.minority.jp/jp/index.php?seminer_Prof_Tirrell]]  を開催します.
- 土肥侑也先生は, 名古屋大学へ異動されました. (2018/1/1)
//- 2017/11/27(月) [[関西レオロジー研究会 第73回例会(若手講演会)& 三相系研究会 古典レオロジーを語る会:http://rheology.jp/kansai/index.php?%C2%E8%A3%B7%A3%B3%B2%F3%CE%E3%B2%F1%A1%F5%B8%C5%C5%B5]] を開催しました.
//- 2017/5/29(月)[[Prof. Milner セミナー:http://rheology.minority.jp/jp/index.php?seminer_Prof_Milner]] を開催します.(2017/5/23) 
//- 2017/5/20(土) [[レオロジーレビュー講演会:http://rheology.minority.jp/jp/index.php?rheology_review]]は終了しました.多数のご参加ありがとうございました. (2017/5/22)
//- 土肥助教, 第33回井上研究奨励賞を受賞. (2017/2/3)
- 渡辺教授, International Committee on Rheology の会長に就任. 任期は4年. (2016/8)
- 渡辺教授を実行委員長として, [[17th International Congress on Rheology (ICR2016):http://icr2016.com]] が京都テルサにて開催されました. (2016/8) &br;
→ 増渕先生による[[会議報告(Applied Rheology, 26(5), 52-54, 2016):https://dl.dropboxusercontent.com/s/3n542ykwe5svtkk/AppliedRheology_26_5-KyotoReport.pdf?dl=0]], Morrison先生による [[記事(Rheology Bulletin, 86(1), 2017):http://www.rheology.org/sor/publications/Rheology_B/RB2017Jan.pdf]], 片島先生による[[参加記(J. Soc. Rheol. Jpn, 44(5), 303-306, 2016):https://www.jstage.jst.go.jp/article/rheology/44/5/44_303/_pdf]]
//- 土肥侑也博士が特定助教に着任しました. 松宮由実博士が准教授に昇任しました. (2016/4/1)
- 渡辺教授, 米国 [[The Society of Rheology:http://www.rheology.org/sor/default.htm]]より[[Bingham Medal:http://www.rheology.org/sor/awards/bingham/default.htm]]を授与され, 同時に Fellow に認定されました. (2015/10/13) &br;
→ Tim Lodge先生による[[紹介記事(Rheology Bulletin, 84(2),  2015):http://www.rheology.org/sor/publications/rheology_b/RB2015Jul.pdf]], SOR meeting の [[記事(Rheology Bulletin, 85(1), 2016):http://www.rheology.org/sor/publications/rheology_b/RB2016Jan.pdf]], 松宮による[[参加記(J. Soc. Rheol. Jpn, 44(1), 69-73, 2016):https://www.jstage.jst.go.jp/article/rheology/44/1/44_69/_pdf]].
//- 渡辺教授, 日本レオロジー学会 第22期会長に就任. (2015/5)
//- 増渕雄一先生, [[名古屋大学ナショナルコンポジットセンター:http://ncc.engg.nagoya-u.ac.jp]]教授に就任.([[研究室website:http://rheology.jp/nagoya/]]) 新天地での更なるご活躍を祈念します。(2015/4)
//-平成25年度の大学院講義「分子レオロジー」については[[「こちら」>大学院講義2013]]を御覧ください.
//-研究室訪問日程
//-- 平成27年 2/12(木), 2/13(金), 2/16(月), 2/18(水), 2/19(木) いずれも午後3時30分〜 化研本館N546Cにて
//- 渡辺教授, 日本レオロジー学会賞を受賞. 受賞題目は「複合的手法で得られるソフトマター系のレオロジーの基礎的知見」です. 受賞講演は[[日本レオロジー学会第39年会:http://www.srj.or.jp/pdf/120228-2.pdf]]にて行われます.(2012/4)
//- Professor Alexei Likhtman (University of Reading, UK) が、客員教授として来日されました。6月まで滞在される予定です。(2012/4/1)
//- 高野敦志准教授(名古屋大学)が、客員准教授に就任されました。(2012/4/1)
//-  下記2件の異動がありました。新天地でのご活躍を祈念しています。(2012/4/1)
//-- 畝山多加志特定助教 → [[金沢大学大学院自然科学研究科 高分子材料物性研究室 (新田晃平研究室):http://chemeng.ch.t.kanazawa-u.ac.jp/polym_phy/top.html]] 助教
//-- 陳全博士 → [[Pennsylvania State University, Colby Research Group:http://www.plmsc.psu.edu/felix/Colby/personnel/index.html]] 博士研究員
//-第 59 回日本レオロジー討論会において、M1 栗田 (受賞題目: 誘電的に検出される1,2-ポリブタジエンセグメントの評価) がポスター賞を受賞しました。(2011/10/7)
//-増渕准教授,日本ゴム協会第2回ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞奨励賞を受賞(2011/5/30)(受賞題目:高分子ネットワークのシミュレーション手法の開発)
//-M2の川崎洋志が日本レオロジー学会第38年会でベストプレゼンテーション賞を受賞しました.(2011/5/19)(受賞題目:ガラス状態にあるPtBS 中でのPIの成分鎖ダイナミクス)
//-松宮助教が日本レオロジー学会奨励賞を受賞しました.「誘電緩和と粘弾性緩和の手法に基づく高分子系ダイナミクスの基礎的研究」受賞記念講演は[[日本レオロジー学会第38年会:http://www.srj.or.jp/pdf/110225-1.pdf]]にて行われます.(2011/4)
//-渡辺教授が, [[Macromolecules:http://pubs.acs.org/page/mamobx/editors.html]] の Associate Editor に就任しました。(2011/3)
//-化学研究所合同見学会(配属希望者向)2 月 10 日(木) 14:00− 化学研究所本館北棟N-531C   
//-4回生の立入啓浩(体育会水泳部)が,[[平成22年度京都大学体育会会長賞:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news7/2010/110224_2.htm]]を受賞しました 。(2011/2)
//-&color(red){&size(20){化学研究所本館の耐震補強工事完了に伴い、化学研究所本館に移転しました(2011/2/9)};};~
//-化学研究所本館の耐震補強工事完了に伴い、化学研究所本館に移転しました(2011/2/9)~
//移転先は[[連絡先と場所]]をご覧ください.

** 関連学会/講演会情報 [#g93d581e]

//-[[Institute for Chemical Research International Symposium 2014 -The Science and Technology of Smart Materials-:http://www.kuicr.kyoto-u.ac.jp/icris14/]]
#getrss(10,https://groups.google.com/forum/feed/rheology-jp/msgs/rss.xml?num=15,)
#getrss(10, http://groups.google.com/group/rheology-jp/feed/rss_v2_0_msgs.xml,)
//#getrss(5, http://groups.google.com/group/rheology-jp/feed/rss_v2_0_topics.xml,)

** 最近の論文 [#q78fffcc]
-Hiroshi Watanabe, Yumi Matsumiya, and Youngdon Kwon, "Dynamics of Rouse Chains undergoing Head-to-Head Association and Dissociation: Difference between Dielectric and Viscoelastic Relaxation”, J. Rheol., 61(6), 1151-1170 (2017).  [[DOI: 10.1122/1.4997579:http://scitation.aip.org/content/sor/journal/jor2/61/6/10.1122/1.4997579?aemail=author]]
-Oh Min Kwon, Hiroshi Watanabe, Kyung Hyun Ahn, and Seung Jong Lee, "Growths of mechanical elasticity and electrical conductance of graphene nanoplatelets/poly (lactic acid) composites under strong electric field: Correlation with time evolution of higher order structure of graphene nanoplatelets”, Rheol. Acta, 56(11), 871-885 (2017). 
-Ryoko Shimada*, Hitomi Sakai, Jun Yamamoto, Hiroshi Watanabe, Creation of large, periodic temperature gradient via plasmonic heating from mesoscopic planar lattice of metal domains, International Journal of Thermal Sciences, 118 (2017) 247-258. [[DOI: 10.1016/j.ijthermalsci.2017.04.022:https://doi.org/10.1016/j.ijthermalsci.2017.04.022]]
-Hiroshi Watanabe and Yumi Matsumiya, Revisit the Elongational Viscosity of FENE Dumbbell Model, J. Soc. Rheol. Jpn, 45(4), 185-190 (2017). [[DOI: 10.1678/rheology.45.185:http://doi.org/10.1678/rheology.45.185]]
-Y. Doi, A. Matsumoto, T. Inoue, T. Iwamoto, A. Takano, Y. Matsushita, Y. Takahashi, and H. Watanabe, Re-examination of terminal relaxation behavior of high-molecular-weight ring polystyrene melts, Rheol. Acta, 56(6), 567-581 (2017). [[DOI: 10.1007/s00397-017-1014-3:http://dx.doi.org/10.1007/s00397-017-1014-3]] 
-O. M. Kwon, H. Watanabe, K. H. Ahn, and S. J. Lee, Interplay between structure and property of graphene nanoplatelet networks formed by an electric field in a poly (lactic acid) matrix, J. Rheol., 61(2), 291-303 (2017). [[DOI: 10.1122/1.4975335:http://dx.doi.org/10.1122/1.4975335]] 
-Yumi Matsumiya, Hiroshi Watanabe, Kentaro Abe, Yasuki Matsumura, Fumito Tani, Yasuo Kase, Shojiro Kikkawa, Yasushi Suzuki, and Nanase Ishii, Rheology of Nano-Cellulose Fiber Suspension, J. Soc. Rheol. Jpn, 45(1), 3-11 (2017). [[DOI: 10.1678/rheology.45.3:http://doi.org/10.1678/rheology.45.3]]


2007-2016年の論文は[[ここにあります>Publications]]

//** 関連ジャーナル最新論文 [#sa870aa2]
//- [[Macromolecules]]
//#getrss(2, http://pubs.acs.org/wls/alerts/rss/mamobx.rss,)
//[[More...>Macromolecules]]
//- [[J.Pol.Sci.B.Pol.Phys]]
//#getrss(2, http://www3.interscience.wiley.com/rss/journal/36698,)
//[[More...>J.Pol.Sci.B.Pol.Phys]]


//**rheology.jp最新ニュース [#ib50a7a3]
//#getrss(10, http://rheology.jp/modules/rss/rss.php,)



** 更新履歴 [#db295ac9]
#recent(3)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS