レオロジーレビュー講演会

開催趣旨

レオロジーは様々な分野で用いられ応用の幅が広がっています.このような分野の発展のなかで大量の論文が発表され,逆に重要な情報の選別入手は困難となっています.そこで特に高分子レオロジーの分野でご活躍の先生方にレビュー講演をいただく機会を設けました.レオロジー学会年会から引き続いた日程となっております. 終了後は懇親会も設けます.ご参加のほどお願い致します.

プログラム

2017年5月20日(土曜日)

13:00~13:05 あいさつ 松宮由実(京都大学)

13:05~14:05 司会 寺尾憲(大阪大学)

「剛直・半屈曲性高分子溶液の低周波および高周波極限でのレオロジー」
大阪大学 佐藤尚弘 先生

14:05~15:05 司会 高野敦志(名古屋大学)

「高分子混合系・ブロック共重合体の構造とレオロジー 
− 散乱とレオロジーのマリアージュの顛末 −」
九州大学 高橋良彰 先生

15:05~15:15 休憩

15:15~16:15 司会 Sathish K. Sukumaran (山形大学)

「シミュレーションで見る高分子ダイナミクス」
山形大学 滝本淳一 先生

16:15~17:15 司会 松宮由実(京都大学)

「ポリマーメルトのレオロジー:温故知新」
京都大学 渡辺 宏 先生

18:00~20:00 懇親会 (カフェレストラン きはだ)

開催場所

京都大学宇治キャンパス おうばくプラザ  きはだホール (アクセス)

参加費

講演会:1万円

懇親会:無料

申込連絡先

参加申し込みは終了しました。

お問い合わせ先: 京都大学化学研究所 分子レオロジー領域 松宮 (email: matsmiya_at_scl.kyoto-u.ac.jp, phone: 0774-38-3136)


添付ファイル: filerheology_review_program.pdf 256件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-21 (日) 13:06:32 (455d)